ゆっらすのフリースペース

あっちへ行ったりこっちへ行ったり。毎日は、いろんなことがあるから面白い!
2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOP ≫ CATEGORY ≫ VAMPS
CATEGORY ≫ VAMPS
      

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

VAMPS FREE LIVE

VAMPS FREE LIVEへ行ってきました
主要インターネットメディアで完全生中継ってことで、家で観ようかなとも思ったのですが・・・
お昼に発表されたライヴ会場は六本木ヒルズアリーナ!行けちゃうじゃん
そんな訳で、招待枠のチケットは持っていなかったけど、行ってみることにしました。

大きなセットが組まれて、すっかり野外ライヴ会場と化した六本木ヒルズアリーナ。
友達が私を見つけてくれて、一緒にお喋りしながら待ちました。
チケットを持たない人には明確な指示がなかったので、とにかく待つだけ。
開演間際、会場後方のスペースに誘導されました。大丈夫。しっかり見えます。

「DEVIL SIDE」で始まったライヴ、すごく楽しかったです。
オープンスペースはギューギューで、色々な方向からすごい押しがきてましたけど
そんなことも忘れるほど、今日もVAMPSはカッコよくて大満足の全8曲。
「SEX BLOOD ROCK’N ROLL」のK.A.Zが最高に素敵でした

終了後、VAMPSファンではない友達から「ネットで見たよ!すごいカッコよかった!」とメール。
こういうの、すごく嬉しいです。カッコ良いでしょ~
すっかりはしゃいでノドはカラカラ、お腹も空いていたので食事をしてから帰ってきました。
あー楽しかった!行ってよかった~!!

東京タワー
先日、六本木ヒルズから撮った東京タワーの写真です。
今日の会場は撮影禁止でありました。
  



スポンサーサイト

ZEPP SAPPORO

7月24日と25日は、ZEPP SAPPOROでのVAMPSライヴへ行きました


札幌ZEPP

ZEPPの周りに、わやわやと人がいるこの雰囲気が好きです。ライヴだーって感じで。
思いがけない友達に声をかけられて、お互いに「札幌来てたんだ!」と言い合ったりして。

初日は少し音が聴きづらい気がしたけど、二日目は気になりませんでした。
二日目はちょっと番号が良かったので、1ブロック目のK.A.Z前へ。
かっこいいなー。ギター弾けたら良いのになー。そう思いながら見てました。
そして、いっぱい跳びました。やっぱりライヴは楽しいです。


札幌KAZ

黄色いのが札幌二日目のK.A.Zのピック。ラッキーでした
他のみっつは去年のツアー分です。


札幌バースデー

二日目のライヴ後、友達がちょっと遅いバースデーを祝ってくれました
思いがけないプレゼントで、とっても嬉しかったです。
HAPPYな札幌最後の夜でした。




VAMPS @ZEPP TOKYO

日付が変わってしまいましたが、VAMPS LIVEに行ってきました。
ZEPP東京二日目ですが、私にとっては東京初日かつ7月の東京最終日です。
高知BAY5 SQUAREの直後とあって、ZEPP東京の広さを実感しました。
会場に入った途端、「ここ、こんなに広かったっけ?」と。
そして、やっぱり音響と空調も良いな~なんて
さすがにZEPPツアーではセットも豪華。私はシンプルなステージでのライヴも好きですけどね。
もみくちゃでステージも遠かったけど、それはそれで吹っ切った楽しさがありました

VAMPS東京1
今日はパンフレットを買いました。LPレコード仕様になってます。
高知では、大雨だったのでやめておいたのです。

すっかり帰宅が遅くなってしまったので、今日はこのへんで。
ワールドカップを観るにはちょうど良かったかもしれません
スペイン-パラグアイ戦・・・今日はパラグアイを応援しようかなー。



VAMPS LIVE 2010 BEAST 2010.06.26@高知

「VAMPS LIVE 2010 BEAST」の高知初日。
開場になる頃には、雨はその勢いを増していました。
会場は「高知BAY5 SQUARE」です。
マリーナに隣接されたこのライヴハウスには、雨宿りする場所もありません。

雨の高知ライヴ1
倉庫のようなオレンジの建物がBAY5 SQUAREです。

ここはお天気さえよければ海が見えたりして好きなんだけど、雨が降ると最悪です。
それなのに、たしかFAITHツアーの時も雨。ここはすっかり雨のイメージ
本当にね、晴れていれば気持ち良いんですよ。周りには何もないですけど。

ライヴは思いっきり楽しかったです
メンバーの皆さま、ダイエットしてるとか聞いてたけど成功してました。私も成功したい。。。
ステージのセットは至ってシンプル。今日もHYDEのマイクスタンドには紅と白のバラ。
いつも通りに6:66のカウントダウン。
HYDEは、ほぼ白に近い金髪バサバサヘアー。前髪が長くて目も見えない感じです。
白いロングTシャツ(ノースリーブ?)に黒いベスト。
K.A.Zは前髪パツンと切った感じで劇的素敵。右側を飾りで留めて。
ピアスがすっごく可愛かったと友達が言ってたけど、見逃しました。。。
洋服は黒と白のボーダーでロングニットに見えたけど、まさかニットじゃないよね?
すごく格好良いけど、会場が熱くなると「K.A.Z暑くない?」ってちょっと思いました

HYDE「今日は暑いな。君らが暑苦しい。すし詰め状態やで」と嬉しそうに。
本当にギュウギュウのすし詰めでしたから。
途中のMCで「煙草臭くない?」って言い出して「禁煙してから、敏感になった」と。
以前もどっかでそんなこと言ってたけど・・・そーゆー人いますよね
メンバーみんな禁煙したけど、一人本当はしてない人がいるとか。
オーディエンスは「だれー!?」「ju-ken?」「JINちゃん?」などなど賑やか。
「当たり!」って言ってたけど、結局誰かわからずです。
そして、「ここは晴れていれば海が良いのに残念」とも。うんうん、全くその通りです。
K.A.Zは「(足踏みする時)気をつけて。帰ったらヒールの穴があいてたりして」と。
私にとってのツアー初日からK.A.Zの声が聞けるなんて嬉しい
次々にダイヴする人を見ながらニコニコのK.A.Z。
いくつもいくつもピックを投げて、すごく嬉しそうでした。
演奏曲には触れませんが、セットリストもすっごく好きで大満足のライヴでありました。

ライヴを終えて、またまたすし詰めのドリンクカウンター前へ。
なんとかビールをもらって「おつかれ~!」と乾杯
そのまま外に出たら、これ以上ないくらい土砂降りの雨。
ビニール傘をさしても、ビールはあっというまに水割りになりました。
もうどうでもよくなって、雨の中で記念撮影。
ライヴで跳んで雨の中ではしゃいで、全部ひっくるめて思い出なのです。



Billboard JAPAN Music Awards

友人誕生会で前夜に飲みすぎ、すっかり寝坊した日曜日の朝でした。
携帯電話を見るとピカピカ。ん、メール?なになに、ふんふん、なになに?なに~~~~~!
LIVE VAMPS 本日開催 Billboard JAPAN Music Awards ・・・
わかんない!本日って意味わかんない!この単語たちは何?
つまり、Billboard JAPAN Music Awardsのイベントに、大好きなVAMPSが出演するというのです。
場所は東京ミッドタウン。12:00から整理券配布!
時計は10:00をとっくにまわっています。ダメだ!ダメだ!!もう何も考えず、とにかく準備開始です。
もう無理かもしれないけど、ダメかもしれないけど、ミッドタウンなんて諦めるには馴染みの場所すぎます。
マッハで準備してミッドタウン到着。12:00まであと10分。キャノピースクエアへダッシュ!
間に合いました。整理券ゲットです!夢みたい・・・2時間前まで、こんなこと思いもしなかったんだもの。
VAMPSに会えるよぉ。

整理券

15:30に再集合。きっちり番号順に並んで、16:00頃から入場開始でした。
もちろん私はguitarのK.A.Z前へ。だいたい6~7列目くらい。ステージ、めちゃ近いです。
全員が観覧スペースに入っても、エリア内はかなり余裕がありました。
その後、整理券のないファンも入れたようで、一挙にエリア内はぎゅーぎゅー!入場できた人、よかったですね。
16:20頃からBillboard JAPAN注目のアーティストとして二組が2曲づつ演奏。
ただ待ってるだけじゃなくて良かったです。楽しく聴きました。

そして、いよいよ17:00。テレビ放送らしく、スタッフのカウントダウンでスタート。
すぐにVAMPS登場かと思いきや、メイン会場の映像が映し出されて開会挨拶などなどありました。
やっと呼び出されるサブステージ。VAMPSの登場です。
おっJU-KEN!と思う間もなく、全員集合です。きゃー!!
「やっぱJINさんいない」と思った途端、すっごい押しです。こんな私もちょっと驚きました。
ステージ近いからみんな余裕と思ったけど、久し振りだもんね。
おかげで更に近くなったことを良しとして、一曲集中踏ん張りましょう!
HYDEはJACKでお馴染み豹柄コート、ふわふわアタマでサングラス。
最近のラルクモードから、まさに豹変のVAMPSモードです。
K.A.Zは全身黒で、だぼだぼパンツに折返しブーツ。革ジャケットにクロスネックレス。
ツンツンアタマにキラキラの飾りつけて、かーっこいー!
演奏前、しっかりとオーディエンスを見渡して、嬉しそうな笑顔のK.A.Z。
二人ともニコニコ楽しそうで、ますます嬉しくなりまする。
演奏曲は「LOVE ADDICT」出だし一瞬、音が聞こえず。が、そんなのお構いなしで、大はしゃぎ大騒ぎ。
K.A.ZのFRYING V久し振り!顔の横で手を叩く、そんなHYDEにまた会えたよぉ!!
しっかりフルコーラスの嬉しいライヴは、あっと言う間だけど大充実でした。

すぐにリズム隊がハケると、「すっごいねー」と総合司会の小倉智昭さん登場。
VAMPS二人にインタビュー。K.A.Zには去年のライヴのことを。
「やっぱりライヴは楽しいですね。今年も楽しみにしています」ってK.A.Z。
「ラルクアンシエルもやってて、VAMPSも大人気ですごいね」って言われたHYDEは
「VAMPSは好きなことをやってるんで、評価されて嬉しいです」って感じのことを。
去年はアメリカでも大成功だったって事や、今年のワールドツアーのことなども話題になってました。
その後、特別賞って事でエライおじさまからトロフィーを授与。
おじさまの言葉を神妙に聞くK.A.Z。HYDEさんは片手ポケットに入ってますよー。
この二人のコントラスト、私は本当好きなんですけど。
トロフィーもらった後、ファンに向かっていつものV!
二人とも、ニコニコと何度も手をあげて帰って行きました。優しい笑顔。
うん!本当に本当に幸せな、激動の一日でした。

ステージ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。