ゆっらすのフリースペース

あっちへ行ったりこっちへ行ったり。毎日は、いろんなことがあるから面白い!
2009年12月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2010年02月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2010年01月
ARCHIVE ≫ 2010年01月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2010年01月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

初めまして。

ご訪問ありがとうございます。

旅が好き。猫が好き。ファッションが好き。ライヴが好き。
そんな私ゆっらすが、日々の出来事や心に残る想い出を、自由に書いていきたいと思います。
ニックネーム「ゆっらす」は、ラップランドのフィンランド領にある小さな村の名前「ユッラス」から。
一度だけ訪問した忘れられない場所ですが、そんな事も書き残しておけたらなって思っています。

いつも好きな物に囲まれて、好きなことだけしていられる訳じゃない。
でも、せっかくならば日常を楽しんでいたい。
いつも忘れないでいることは「人生は、いろんなことがあるから面白い!」

こんな私に、ちょっとだけでもお付き合いいただけたら、とっても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願いいたします。

ユッラスの空
スポンサーサイト

冬のサンバイザー

昨日、東京ミッドタウンのお店でこんな物を見つけました。
なんと、冬のサンバイザーです。
表地は山羊のファーで、裏地はニットになってます。
帽子は好きでよくかぶるのですが、このタイプは初めてです。
どんな風になるんだろうと、ちょっとドキドキ試着してみたら、すっごく可愛い。
寒い時は耳にかぶせてもgoodです。あったかーい。
SALE品につき30%OFFのお手頃価格で、即買い決定!
嬉しいお買い物でありました。
この週末、早速かぶってお出掛けしたいと思います。

冬サンバイザー

かいじゅうたちに会ってきました。

かいじゅうチケ


先月、渋谷「オープニングセレモニー」のSALEでセーターとブラウスを買いました。
すると、先着順ということで映画のペアチケットをいただいたのです。
ちょうど観たいと思っていた「かいじゅうたちのいるところ」です。ラッキー!
金曜日に映画公開されたので、早速きのう鑑賞してきました。
ストーリーには触れないでおきますが、感想などを少し。

私は原作の絵本を読んだことがありません。
どんなお話なのかとワクワクして、品川プリンスシネマに行きました。
チケットを指定席券に交換した時、紙で出来た金の王冠をもらいました。
「いりません」と言われる事が多いとの事で、窓口の方も「これ、差し上げているのですが・・・」と遠慮がち。
海外なら、皆でかぶって鑑賞しそうだなって思いました。かぶりませんでしたけどね。
お話は、私が思っていたよりも淡々としていて好きでした。
二回、涙が出ました。
私は、あまり人が泣かないところで泣いてしまうようで、「あそこで泣いた」と言ったら驚かれました。

映画グッズの売り場に、主人公マックスが着ていたのと同じデザインの服が売っていました。
その名も「なりきりマックス」。
子供用なので私には不要ですが、あれを着てる子がいたら可愛いだろうなー。
ちなみに、私の隣に座ったカップルさんは二人で王冠をかぶっていました。それも可愛い。
私もかぶってみれば良かったかな?と、家に帰ってから頭に載せて記念撮影をしました。

王冠

超フランス語入門中

旅が大好きな私ゆっらすが、いつでも何度でも行きたい場所はパリです。
パリに行けると決まった瞬間から、気持ちはパリの空の下にいます。
カフェでお茶を飲むだけで幸せ。パリの街を歩くだけで幸せ。パリにいるだけで幸せなのです。
そんな私ですが、フランス語はおろか英語も満足に話せません。
「もう少しだけ言葉が解ったら」と思うことはありますが、今のままでも十分に旅は楽しめるのです。
フランス語なんてとても無理って気持ちもあって、勉強しようと思ったことはありませんでした。
「ボンジュールとメルシィ、それにアンカフェ シルブプレくらい言えればいいかな?」と。
レストランのメニューが読めず、勘と度胸で注文して失敗するのも、旅の思い出というものです。

でも最近、「超フランス語入門」という本を読んで、ほんのちょっぴり勉強中。
きっかけは、monoralのライヴでした。
monoralは好きなバンドのひとつで、時々ライヴに行ってます。
ヴォーカルanisのお父さんは日本人で、お母さんはモロッコ人。長くパリに住んでいたそうです。
ライヴ中、オーディエンスの中にフランスの方がいて、フランス語の歓声がとぶ事があります。
anisはそんな時、「ちょっとごめんね」と言ってから、二言三言フランス語でやりとりをしたりします。
内容は解りませんが、フランス語を話すanisはとても素敵です。
何て言ってるのか解ればいいなと、以前から思っていました。
前回のライヴでもそんな事があって、ほんの短い会話だし、勉強したら理解できるかも?と考えたのです。
今年は時間もあるし、出来るとこからやってみようと、ずっと前に買った本を引っ張り出してみました。
パリへの旅行前に買って、すっかり挫折して読まなくなっていた本でした。
毎朝、ゆっくり時間をかけて読んでいます。
ちゃんと頭に入ってるかどうかは疑問ですが、まずはここから、読破を目指します。
目標はフランス語が聞き取れるようになる事ですが、焦らずやっていこうと思っています。
いつの日か、パリのレストランで、ムッシュとメニューの相談が出来るかな?

パリ犬

スターバックスのある風景

スターバックス好きです。
ファンってほどじゃないけど、散歩中に見かけるとつい入りたくなってしまう。
テイクアウトにして、外で飲むのが良いですね。
「コーヒーならブラック、エスプレッソが最高!」な私ですが、スタバでは違います。
スターバックスラテか、カプチーノを選ぶことが多いかな。

昨日、本屋さんでこんな物をみつけました。
写真集「スターバックスのある風景」¥600でした。
好きなドリンク引換券が1枚入っているので、ほとんどタダみたいな値段です。ワーイ!
写真集を眺めてるのって楽しいけど、高くてなかなか買えないもんね。
スタバのペーパーカップと海や花、お店の外観、店内の一角など。
この写真集の写真たちは綺麗だけど、私には何か少し物足りない。好みの問題です。
相方に見せたら、けっこう好きだなって言ってました。

写真集の最後に、スタバで出逢った人たちの写真とクリスマスの願い事が載っています。
ささやかな夢、大きな夢、欲しい物とか愛犬の健康とか。
なんだかスターバックスラテが飲みたくなりました。これって思う壺?!

スタバマガジン



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。