ゆっらすのフリースペース

あっちへ行ったりこっちへ行ったり。毎日は、いろんなことがあるから面白い!
2010年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2010年07月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2010年06月
ARCHIVE ≫ 2010年06月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2010年06月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

まるまるの豆電球

ときどき、まるまるの豆電球が光ります。
突然「ミャウ!」と鳴いて「おいかけて来て!」という顔をするのです。
そんな時は、たまには野生の感覚(?)も必要かしらと仕方なく追いかけます。
もともと俊敏さに欠けるコなので、すぐにおいついてしまいます。
そして、手を伸ばすとこの通り。

豆電球2
一生懸命みたいだけど、全然痛くないですよ・・・。

豆電球1
それでも「痛いよ~」と言うと、びっくりして手を離して降参。諦めが早いのです。

豆電球3
豆電球はすぐに消えてしまいます。
そこにあった私の手を枕に眠ってしまいました。甘い私は、可愛くて離せない
どちらかというと、こっちの攻撃の方が疲れるんですけど・・・。



スポンサーサイト

新宿散歩

良いお天気の今日、一人で新宿に出掛けしました。

新宿1
ちょっとした買い物ついでに、てくてく歩くにも気持ちの良い日です。

新宿2
ゲームセンターの前では、ガスパールがくるくる歩いていました。
これ、UFOキャッチャーの景品なんですよ!ケースの中には、ちゃんとリサもいました。

新宿3
こんなカラフルなエルモも
後ろでは、まだガスパールが廻っています。可愛いじゃないかー!
リサとガスパールがとても欲しかったのですが、私はすっごくUFOキャッチャー下手なんです

新宿4
伊勢丹前では、フォーエヴァー21の宣伝カーが走っていました。
新宿にもOPENしたのですね。

こうして散歩しつつ、デパートを覗いたり、本屋さんで好きな作家の新刊が出ていないかチェックをしたり。
いつものことですが、ずいぶん長い時間ひとりで歩いていました。
街を歩くのは、私にとって何よりのエクササイズかもしれません。
今度は、リサとガスパールに挑戦してみようかな



Griffon

今日は、LEVI’S主催の森山未來×菊池凛子の二人芝居「Griffon」を観てきました。

griffon1.jpg
場所は東京グローブ座です。

これは、渋谷か原宿のリーバイスストアで¥10,000以上の買い物をした観劇希望者(先着順)か
インターネットで同額以上の買い物をした観劇希望者(抽選)が招待されるという舞台でした。
友人二人が買い物をして、二組のペア招待券があるとのことで誘ってくれたのでした
ドレスコードはもちろんリーバイスのデニムです。ドレスコードってちょっと楽しいですよね。
愛用のリーバイス503を穿いて行ってきました。

griffon2.jpg
森山未來氏の舞台は二度観たことがありますが(「RENT」と「R2C2」)、菊池凛子嬢は初めてです。

この魅力的な二人が、「Griffon」では特に素敵でもないごく普通のカップルを演じていました。
そして、この二人が飼っているペットが、ネスという名前の「Griffon」なのです。
舞台上にネスの姿はなく、二人の行動のみでその姿が表現されます。
私は、舞台や映画を観る時は何も知らずに観るのが結構好きで、今日もそうしました。
だから勝手に、ネスと言う名前のペットはネッシーみたいな姿なんだと思いながら観ていたのですが・・・
途中で、「どうやら、ネスは私の想像した姿とは違うらしいぞ」と気付きました。
さっきWikipediaでgriffonを調べたら、
「鷲(あるいは鷹)の翼と上半身、ライオンの下半身をもつ伝説上の生物」との事でした。
これくらいは知っていた方が良かったのかな?
でも、知ってしまったら知らなかった時のことは分からないので、それはそれで良しとしましょう。
ほんの30分ほどの舞台だったけど、とっても楽しかったのですから



クリスピークリームドーナツ

私はドーナツが大好きです。子供の頃から、ドーナツの魅力は特別でした。
真ん中に穴があいてるあの形、とっても素敵じゃないですか?
子供の頃に母が作ってくれたドーナツは、穴のない丸い形をしていました。
私は密かに「これはドーナツじゃないよな~」と思ったものでした。
やっぱりドーナツは、リング形になってて欲しいのです。

新宿に出かけた時、突然ドーナツが食べたくなって、クリスピークリームドーナツを買って帰りました。
いつも混雑していましたが、もうそろそろ落ち着いただろうと思ったのです。

クリスピー1
予想通りすっかり落ち着いて、ほとんど待つことはありませんでした。
試食用に、その場でひとつドーナツを貰ったので食べました。

クリスピー2
出来立てのドーナツはとっても柔らかくて美味しいです。かなり甘いですけど
実はこれひとつでかなり満足したのですが、既にテイクアウトした後でした。

クリスピー3
これこれ、これぞドーナツですね。本当に可愛い形です。
嬉しくなって、つい買いすぎてしまいましたダイエットはまだ遠い・・・

そういえば、ロンドンでは普通のスーパーマーケットに箱が山積みになって売られていました。
それを買って、ホテルで食べて以来のクリスピークリームドーナツでした。
ドーナツと同じくらい魅力的な物にバウムクーヘンがありますが、あれは気軽に買うには大物ですね。
私は本当に、リング形のお菓子に弱いのです。



銀座ギャラリー

日比谷駅から銀座・有楽町を結ぶ地下通路の両側に、よく絵画や書などが飾ってあります。
これを「銀座ギャラリー」と言い、展示物は非営利の物に限られているのだそうです。
日比谷駅を使う私は、銀座や有楽町へ行く時にはここを歩きます。
今日は、「我ら海の子展」という児童コンクールの過去の受賞作品が飾ってありました。
対象は小学生以下の児童なのですが、どれもとても上手で、つい足を止めて観てしまいました。

海の子1
こんな感じで、何メートルかおきに絵が飾られているのです。

海の子2
大好きだったイカの絵当時小学4年生の女の子が描いた作品だそうです。

海の子4
たーちゃんが笑顔で「これ好き」と呟いた作品です。楽しそうなカニさんたち

急ぎの用事がなかったので、ゆっくり観ることが出来ました。
思いがけない素敵なアート鑑賞でした。
絵心ゼロの私だけど、ちょっとだけ何か描いてみたいなあと思っちゃいましたよ。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。