ゆっらすのフリースペース

あっちへ行ったりこっちへ行ったり。毎日は、いろんなことがあるから面白い!
2011年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2011年08月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2011年07月
ARCHIVE ≫ 2011年07月
      

≪ 前月 |  2011年07月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

お誕生月

久しぶりの記事になってしまいました
忙しかった日々も終わって、またいろいろ書けそうです。
書きたい事、たくさん

さて、今月は私の誕生月です。
バースデーはまだちょっと先だけど、ライヴ友達が早めのお祝いをしてくれました
今月お誕生日のもうひとりのお友達も一緒に

連れてってもらったのは、青山ロビンズクラブ
大人の雰囲気の美味しいフレンチランチでしたが、お喋りに夢中で写真撮り忘れました
前菜にグリーンピースの冷製スープにお魚料理。どれも美味でした。


ばーすでー1

デザートには名前入り
ここで思い出して、やっとカメラを取り出したのでありました。


ばーすでー2


まだまだお喋りが足りない女子4人組。
場所を移して、神宮外苑の銀杏並木のカフェでお喋りです
おねだりにきた雀ちゃんにもお裾分け


それから、洋服を見たりチープなアクセサリーショップで買い物したり
気のせいかと思ったけど、みんな間違いなく再びお腹がすいていて
恐るべき女子会は、ランチから終電まで結局、夕食まで食べて帰りましたとさ。


ばーすでー3

皆にもらったプレゼント
友達それぞれの個性が出ていて、嬉しかったです





スポンサーサイト

今年も箱根のお蕎麦屋さん

もうずいぶん日が経ってしまいましたが、今年のゴールデンウィークも箱根へ行ってきました。
一番のお目当ては、そう!大好きな「おばちゃんのお蕎麦屋さん」です


CIMG2103.jpg

初めて地下鉄千代田線直通のロマンスカー、MSEに乗ってみました
VSEほど愛想はない(?)ですが、新しくて気持ち良いです。
普段は主に通勤用に使われているのでしょう。
写真はMSE車内で撮ったMSE弁当。中にはロールサンドイッチが入っています


CIMG2111.jpg

箱根に着いたら、早速「おばちゃんのお蕎麦屋さん」へ。
この道を通るだけでワクワクします


CIMG2114.jpg


今年も箱根の山は花盛り。

ところが、今回はちょっと様子が違っていました。
いつも静かだったお店には、既に何組かのお客さんがいて外の席に座れなさそうです
う~ん、外の椅子に座って緑を眺められないのは残念すぎます。
そう思っていたら、座っていた三人組の不思議なおじさまが「ここに座りなさい」と席を譲ってくれました。
「え!?良いんですか?」と言うと、「大丈夫。僕ら遊んでるだけだから」・・・遊んでるだけ
見ると、どうやら本当に遊んでいるだけの様子ですw

和服を着た作家風のおじさまは辺りを眺めながらのんびり歩き、
背の高いアーティスト風のおじさまは、そこらの木々を切って瓶に飾ったり、たき火をしたり。
冒険家風情のおじさまは、やってくる若いお客さんに「ネットで見て来たの?」と問いかけます。
なるほど、ネットで紹介されたりしているのですね。満席に近いなんて、初めてです。
このおじさまはお洒落で洋服に興味があるらしく、
「東京からですか?着ている服が素晴らしい」と何度も褒めてくださいました


CIMG2116.jpg

のんびり時間をかけてやってくるお蕎麦を待つ間に飲む箱根ビール
筍はもちろん、ここで穫れたものです。美味しい~!
そして後ろに映っているのは、散策中の作家風おじさま。


CIMG2123.jpg

アーティスト風おじさまがいけた花。
無造作にばさっとおいて、ぱぱっと直しただけなのに素敵です。
お店のおばちゃんが「先生、さすがだね」と言っていました。
おじさまたちは「無職の人間が集まって遊んでるの」と言ったり「彼はお花の先生だよ」と言ったり。
「ああ、お花、カッコいいと思いましたよ」と言うと、「そう?ありがと!」と何気なく。
そして、傍に停めてあった、すっかり使い込んで友達みたいになってるマーチに乗ってごそごそ。。。
「これをあげる。ランチョンマット。」先生が描いた絵のようです。


CIMG2127.jpg

これは、たーちゃんが頂いた男の子用。カッコ良いです。


CIMG2125.jpg

今年も、この山で穫れた山菜たちの天ぷらは最高に美味しかったです
やっぱりこの季節、一度はここに来なければ!!
あんまり混んでコレが食べられなくなると困るけど、楽しい出逢いは大好きです

「ありがとうございましたー」とお店を後にする私たちに
「またいらっしゃい」と言いながら、おじさまたちはまだ好き勝手に遊んでいらっしゃいました。
「もちろん来ますとも!!」
羨ましいほど遊び上手なおじさまたちは、いったい何者だったのでしょうかwww




下手っぴ

まるまるは、水を飲むのが苦手です
舌をうまく丸められないらしく、すくってもすくっても、水はすべて上へ上へと・・・


CIMG2327.jpg

だから、水を飲んだ後は必ず頭の上がキラキラです
アタマで水が飲めたら良いのにね


CIMG2329.jpg

なんか悪口言ってるね
あごの下まで濡らして、野性味溢れるまるまるでした。




ライブハウスと猫の親子

旅が終わって時間が過ぎてから、ほんのちょっとした出来事や風景を思い出して
「すごく幸せな時間だったなー」と胸がきゅっとすることがあります。
あの風景は今もあのままかな?とか、今あの場所にいる人が羨ましいぞ!と思ったりも

先月、福岡でOBLIVION DUSTのライブがありました。
「福岡DRUM SON」その小さなライブハウスは、ライブハウス兄弟(!?)の DRUM LOGOS,DRUM Be-1などが並ぶ通りの裏路地にありました。


CIMG2255.jpg

う~む、なんとも味のある雰囲気です
これは翌日に撮影した写真ですが、ライブ当日はこの狭い通りに沢山の人が並んでいました。
左側、黄色いロープの前の格子のシャッターがおりている建物がDRUM SONです。
そして、正面のツタのからまる渋いお家の屋根の上には。。。


CIMG2256.jpg

子猫の兄弟です
ここが人でいっぱいになる事にも慣れているようで、ライブ当日もここで仲良く遊んでいました。
時々こうして興味深げな顔でこちらを見るのですが、すぐにまた遊び始めます。


CIMG2283.jpg

真ん中にいるのは、きっとお母さん前日同様、この日も出てきてくれました。
子猫たちは、毛繕いをしてもらったりちょっかい出したり、甘え放題です。
連れ去りたいほどの可愛さ勿論、地上にいる人間には触れる事さえできませんが

ここで可愛い子猫を眺めながら、わくわくと開場を待っていた私はとても幸せでした
あの時の雨が降り出しそうな空気や、がやがやとしたあの場所の雰囲気が懐かしいです。
でもきっとあの時は、早くライブが始まらないかな~なんて思っていたんでしょうね。

当然のことながら、ライブはとてもとても楽しかったです
猫たちも、外でオブリの曲を聴きながら踊っていたかもよ!ってくらい
今もあの子猫たちは、ライブにやって来る人たちを屋根の上から眺めてるのかな~?




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。