ゆっらすのフリースペース

あっちへ行ったりこっちへ行ったり。毎日は、いろんなことがあるから面白い!
2018年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年07月
TOPスポンサー広告 ≫ ノエルちらり☆イタリア2014 ミラノ最後の晩餐鑑賞♪TOPイタリア2014 ≫ ノエルちらり☆イタリア2014 ミラノ最後の晩餐鑑賞♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

ノエルちらり☆イタリア2014 ミラノ最後の晩餐鑑賞♪

こんにちは
昨日は寒い一日でしたが、雪はほとんど降りませんでした。
天気予報が外れてホッとしたような、ちょっぴり雪も見たかったような。
今日はすっきり晴れた東京です。
雪景色も素敵だけど、やっぱり青空は心が明るくなりますね。



IMG_3900.jpg

となりで眠っていたノエル。
顔を覗き込んだら、目をあけてチラリと私を見ました



IMG_3908.jpg

しばらくすると、こんな寝相に
見られると、やっぱり目をあけてチラリと窺うノエルです



イタリア紀行、いよいよミラノの街へ出ます。
2014.10.10
ホテルに荷物を置いて落ち着いたら、早々に出掛ける事にしました。
これからこの旅のメインイベント、「最後の晩餐」を鑑賞するのです。
まだ時間はあるけれど、知らない街で遅れる事は許されない予約時間。
余裕を持って行動しなければ!!



P1060320.jpg

地下鉄カドルナ駅から、迷いながら歩いて15分〜20分。
サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会が見えてきました。
場所が分かっていれば徒歩10分くらいだと思います。
私たちは、途中で行く道に迷ってしまいました。
迷っていると「サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ?」と声をかけてくれた男性。
親切に道を教えて下さって、本当に助かりました。Mille grazie!



P1060324.jpg

ドームが見えたら、横断歩道を渡ってそのまま真っ直ぐ進みます。
実は私たち、無意識に右折してしまい、ここまで来てまたひと迷いしたんです



IMG_2001.jpg

さあ!見えて来ましたよ。
ここが、かの「最後の晩餐」を有するドミニコ会修道院の食堂だった場所です。
無事に到着してほっとしました。



IMG_2002.jpg

かなり時間に余裕があったので、修道院を通り過ぎて道の向かい側にあるカフェへ。
ランチもまだでお腹がすいていたので、パニーニを頂きました。
男性ひとりが店番していて、学生が学校帰りにジェラートを買いに来るような気軽なお店。
それなのに、とっても素敵なコーヒーセットが出て来て嬉しかったです。



IMG_2004.jpg

カフェでのんびり過ごした後は、いよいよ「最後の晩餐」鑑賞です。
注意書きの通り、予約時間の20分前には受付に行きました。
プリントアウトしたバウチャーを渡して、チケットを受け取りました。



P1060330.jpg

受付から右に入った場所で待ちます。
時間になると「何時の回の人!」って感じで呼ばれます。



P1060329.jpg

時間になると、この格子扉が開いて入場します。
空調管理されたいく部屋かを通って、ちょっとしたアトラクション気分です。

ここから先は写真撮影出来ません。
それにしても「最後の晩餐」は素敵でした。
広い部屋に25人。時間は15分。
壁に描かれた絵を、しんとした中で鑑賞するのも良かったんだと思います。
きっと、写真撮影禁止で観ることに集中できたことも。
私たち二人は離れて、好きな場所からそれぞれに鑑賞しました。
私の隣で一人の日本人女性が、女性のガイドさんと一緒に鑑賞していました。
そのガイドさんがとても素敵な声をしていました。
他人の邪魔にならぬようとても小さな声で、でもきちんと聞き取れる声。

「この絵の背景には村が描かれています。
 この時代、宗教画に風景を描くのは例外的でした。
 背景はレオナルドが生まれ育ったヴィンチ村です。
 フィレンツェのすぐ近くにある村で、ワインがとても美味しい場所。
 レオナルドは自分の故郷がとても好きで、この絵の背景にしました。
 レオナルド・ダ・ヴィンチと言うのは、ヴィンチ村のレオナルドと言う意味なのです。
 では、あちらから観てみましょうか。」

ここでお二人は離れて行かれました。
ただ聞きしちゃってごめんなさい。
あまりにも素敵な声、素敵なお話で、つい聴き入ってしまったんです。
私はあまりガイド付きの旅をしませんが、この方のガイドなら良いなって少し思いました。

この旅の主たる目的だった「最後の晩餐」
私は絵画に詳しくないけれど、心で感嘆の声をあげました。
近くから見上げて描かれた人々の表情や仕草を、離れた椅子に座って全体像を。
出来る限り目に焼き付けようとしました。
友達が行きたいと言わなければ、一生観ることはなかったかも知れません。
今は、いつかまたあの空間であの絵を鑑賞したいと考えています。
誰かと旅することの素敵は、こんなところにあるんだと思います。
友達にはしっかり「ありがとう」と伝えました。



にほんブログ村 猫ブログ ラグドールへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Comment

No title
編集
「最後の晩餐」、ゆっらすさんがとっても感動されたのが伝わってきます(*^^*)
何百年も前から残っているものの素晴らしさを体感されたのですね~
うらやましい!
素敵な声のガイドさんもラッキーでしたね(笑)
2015年02月06日(Fri) 17:47
あぼん さま☆
編集
「最後の晩餐」よかったですよ〜。
絵画だけじゃなく、全ての雰囲気も含めて。
あの場所でしか観られないという事もあるのかもしれませんね。
見知らぬガイドさんのお話をきけたのも良かったです。
道を教えてくださった方にも助けられたし、本当にラッキーでした♪
2015年02月06日(Fri) 19:04
No title
編集
こんにちは。
私も最後の晩餐、見に行きました!
衝動旅行だったので、予約を取るのに苦労した記憶があります。汗
最初予約が取れなかったのですが、何度もがんばってネットをチェックしたら予約が取れました!
がんばった甲斐があってうれしかったです。

私もこの教会の近くでお茶しました。
ゆっらすさんのカフェ素敵です。
カップチーノ(?)すごく美味しそう~。
2015年02月07日(Sat) 02:00
rikaさん☆
編集
こんにちは!
最後の晩餐、素敵ですよね〜♪
イタリア旅行計画中、rikaさんに早く予約した方が良いってアドバイス頂きましたよね!
おかげさまで、無事に鑑賞することが出来ました。
rikaさんも予約には苦労されたんですね!
それにしても、衝動旅行でミラノなんて羨ましいですー!
このカフェのカプチーノ、とっても美味しかったですよ☆
2015年02月09日(Mon) 08:47












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。